関西計装株式会社

採用について 社員の声 募集要項
トップページ
会社のご案内
業務のご案内
採用情報
お問い合わせ
このサイトについて
営業担当 S氏
Q.1 いつもどんな仕事をしていますか?

私は主にエンドユーザーを担当しており、工場に直接訪問して当社で取り扱っているメーカー製品のPR活動や設備の更新提案などをしています。

Q.2 関西計装を一言で言うとどんな会社ですか?

何でも話し合える家族のような会社です。

Q.3 入社して良かったと思うことはどんな時ですか?

私が入社して以来、毎年慰安旅行に連れて行っていただいていることです。

Q.4 関西計装で学んだことは?

恥ずかしながらホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)という言葉を初めて知りました。営業職というのは個人プレーのイメージが強かったのですが、仕事をする上で多くの方々に協力、助言していただいていることがほとんどで、とても営業マン個人の技量だけでは成り立たない業界であると分かりました。

Q.5 自分が成長したと思うことは?

この業界は専門用語も多いですし、ある程度の理系の知識も必要になります。最初は分からないことだらけでしたが、今では一人で現場調査から機器選定まで出来るようになりました。

Q.6 平均的な1日の仕事の流れは?

営業スタイルとしてはメーカー販売店ですので製品PR活動及び御見積り作成が基本ではあります。しかし設備の改造や制御盤の製作などの大きいJOBの引き合いもありますので、お客様との打ち合わせや現場調査も行います。またお客様への定期的訪問も欠かしません。
事務処理は営業アシスタントにお任せしているのでほとんど営業活動に専念することが出来ます。
営業担当
S氏



営業担当 O氏
Q.1 いつもどんな仕事をしていますか?

主には各担当のお客様へ訪問し、お客様の要求に応じた制御機器の提案や、設備改善の為に打合せをしたりしています。

Q.2 関西計装を一言で言うとどんな会社ですか?

上司とも何でも話し合える堅苦しくない会社です。

Q.3 入社して良かったと思うことはどんな時ですか?

提案した物が採用され、お客様が大変満足していると聞くと非常にうれしく思います。
また、キャンペーンでメーカー推奨の製品を数多く販売したり、ノルマを達成するとキャッシュバックなどが有るのでやる気が倍増します。

Q.4 関西計装で学んだことは?

一つのJOBにおいて、一人の営業マンが全てを処理するのではなく、社内エンジニアと打合せをし、一丸となってお客様の要求に答えたというチームワーク・知識を学びました。

Q.5 自分が成長したと思うことは?

打合せやPRなどでは電気的な知識が必要であり、入社時よりはスムーズにお客様と会話ができるようになったので成長したと思います。

Q.6 平均的な1日の仕事の流れは?

午前中は社内にて事務処理として見積の作成や仕入れ先メーカーなどに手配をしております。午後からは担当のお客様へ訪問し製品PRや納品をし、帰社してからは宿題や、次の日の準備をします。
営業担当
O氏



営業担当 K氏
Q.1 いつもどんな仕事をしていますか?

計測と制御の分野における専業の総合技術商社としてお客様へ訪問し、多種多様に取り扱っている製品の中からお客様のニーズに合った製品のPR活動・提案といった仕事をしております。

Q.2 関西計装を一言で言うとどんな会社ですか?

一言で言うとアットホームな会社です。

Q.3 入社して良かったと思うことはどんな時ですか?

良かったと思うことは、社内の人間関係に恵まれていることです。時には忙しい中でも丁寧に指導してくださる先輩方や悩みを相談し合える同僚など、周囲の人間関係に恵まれているおかげで今日までやってこれました。また転勤がなく、地場に根付いた営業活動ができるのも良かったと思う事のひとつです。

Q.4 関西計装で学んだことは?

仕事は勿論の事、それ以外でもそうなのですが、ほんの何気ない言動や行動ひとつで相手の信用を失ったり、トラブルの元になってしまう可能性があるということを再認識しました。逆に言い換えれば、自分の思いつきや行動ひとつで、仕事を得る事ができ、その積み重ねが多ければ多いほど日々の仕事に繋がる事を学びました。まさに『継続は力なり』これが簡単なようで案外難しい事を改めて実感させられました。

Q.5 自分が成長したと思うことは?

社会に出ると一層、自分の言動や行動の一つ一つに大きな社会的責任が伴います。これは誰しもが経験し避けては通れない事です。その緊張感の中で、様々な業種のお客様やメーカーの方々と共に仕事をさせていただく中で得る知識であったり、出会いが大きく自分の成長に繋がっているのだと日々実感しております。

Q.6 平均的な1日の仕事の流れは?

仕事の基本的な流れとしては事務処理→自分の担当しているお客様への定期的訪問→取り扱っているメーカー製品のPR販売 納品・設備の更新提案等→事務処理 (見積り・宿題の回答)などなどです。
日々の行動は自分達で考え計画を立るので必ずしも毎日同じ流れではありません。
営業担当
K氏



システム担当 I氏
Q.1 いつもどんな仕事をしていますか?

制御盤の製作や改造の案件を形にしていく仕事をしています。具体的には制御盤製作、改造の見積、お客様との仕様打合せ、現場調査、図面作成、盤製作会社との製作打合せ、完成した制御盤のチェック、工事・試運転立会いなどを行っています。

Q.2 関西計装を一言で言うとどんな会社ですか?

仕事以外でも様々な活動を行っていて、とてもアットホームな会社です。社内で意見が出しやすく、また個人の努力や創意工夫が反映されやすい環境で、中小企業ならではの良さがある会社です。

Q.3 入社して良かったと思うことはどんな時ですか?

自分が設計した制御盤が完成した時や、現場で問題なく動作しているのを見た時です。お各様に喜んでもらえた時や、社内用ツールの作成で会社に貢献できた時はとても嬉しく、今後の仕事への意欲につながります。

Q.4 関西計装で学んだことは?

作業を行う際、事前の準備やきっちりとした段取りを組むことがとても重要だということを学びました。特に現場調査、盤改造や電気工事の立会いなど、限られた時間内での現場作業では、大幅に作業効率が上げられるということを身をもって体験しました。

Q.5 自分が成長したと思うことは?

製品や制御に関することで新たな疑問がたくさん出てきたことです。今まで知識不足で深く掘り下げて考えなかったことに対して、しっかり理解したいと思うようになりました。お各様や協力会社(盤製作、電気工事業者)の方々との人脈が少しずつ広がってきたことも成長のひとつだと感じています。

Q.6 平均的な1日の仕事の流れは?

日によって作業内容が変わるため、1日の仕事の流れとしては表し難い内容です。見積積算、機器の選定および仕様確認、回路の設計、図面・資料作成などの社内業務と、現場調査・打合せ、電気工事および試運転立会いなどの現場作業を合わせた一連の作業を納期や進捗状況に合わせて行っています。
システム担当
I氏